金運アップの方法は結局のところ「気の持ちよう」

結局…金運アップは「気の持ちよう」

こんなことを言ってしまうと元も子もないのですが、結局のところ、究極の金運アップの方法は「気の持ちよう」です。
「お金が入ってくる」と信じて、色々と行動を起こしていけば、それだけで金運アップに繋がるのです。

金運を上げる手っ取り早い方法は「財布の整理整頓」

例えば、本サイトで紹介した、「財布の整理整頓」と「やりたいことを行動に移す」という方法。
普通に考えれば、これだけでお金が沢山入ってくるのであれば、誰も苦労はしません。
「こんなことを言ってもいいのか!」とお叱りの声を頂いてしまうかもしれませんが…ある意味で非現実的な部分もあるというわけです。
科学的な根拠が全く無いため、たったこれだけでお金は入ってこないのは当たり前のことなのです。

しかし、声を大にして伝えたいことがあります。
「金運アップをするために起こした行動を信じればお金が入ってくる」という気持ちでいることは非常に重要なのです。
それだけお金を意識することであり、お金が入ってくることに大きな喜びを感じ、お金が出て行くことにも敏感になります。
このお金の流れを意識することが…実は金運アップになっているのです。
平たく言えば、気の持ちようであり、その気の持ちようがお金を意識するという精神論に繋がってくるわけですね。

「気の持ちよう」と言いつつも統計的なお話でもある

ただ…1つ頭に入れておきたいのは、金運アップの方法論は先人たちの知恵です。
その知恵とは、経験則であるということ。
経験則ということは、無意識に統計的なデータに基づいた方法論に繋がっていることもあるのです。

例えば、財布の整理整頓。
お金を沢山持っている人の多くは「財布の使い方が非常に綺麗」という統計データが、経験則で出ているのです。
「なるほど」と納得できる部分もあるのではないでしょうか。
もっと言ってしまうと、お金を持っている人の家は多くの場合が「整理整頓され綺麗」ということが言えます。
逆に部屋がゴミだらけで、とにかくだらしがない…という方は、やはりお金が出て行く一方で入ってこないのです。

金運は「やりたいことをする」だけでアップする!

ゴールドカードは持っているだけでも金運アップに繋がるのか?

言い方を変えると、お金にもだらしがない方が多いという統計データに繋がってくるということです。

なかなか不思議な話ではありますが、このような事実もあるため、あながち金運アップの方法論とは非科学的ではなく…統計データに基づいた科学的な根拠があるといえるのかもしれませんね。
(「蛇の抜け殻を財布の中に入れておくと金運アップ」というようなオカルト的なものは何とも言えませんが…)

ゴールドカード所持者はお金の使い方を知っている

ちなみに、ゴールドカードを所持している金運アップに繋がるという考え方も、実は経験則による結果とも言えます。
ゴールドカードを所持するような方は、基本的に「お金の使い方を知っている」からです。
つまり、お金に対して上手な立ち振舞ができるため、結果的に効率よくお金が出ていき、効率よくお金が入ってくるという図式を成り立てているのですね。
だからこそ、ゴールドカードを所持してお金の使い方を勉強して、結果、金運アップに繋げていきたいところです。

Comments are closed.